女の人

顔のたるみに効果的なアイテム|老化を防ぐ

洗い方はスキンケアの基本

顔を洗う人

肌質によって洗剤を選ぶ

スキンケアの基本は洗顔です。洗顔の目的は肌の汚れを落とすことですが、皮脂の汚れやメイク跡などと一緒に古くなった角質を落とすこともできます。それによって肌のターンオーバーを促すことができるのです。洗顔には洗顔料を使いますが、フォームタイプ、ジェルタイプ、泡タイプ、固形タイプの4種類があります。それぞれに特徴がありますが、フォームタイプはチューブに入っており最も一般的です。十分に泡立てて使うことと使いすぎないことに注意します。ジェルタイプは水分が多く泡立ちやすいのが特徴です。洗浄力が高いので脂性肌に適しています。泡タイプは最も肌の負担が小さいというメリットがあります。固形タイプは石鹸ですが、美容成分の入ったもの、天然成分のものなど種類が多いので肌に合ったものを選べるといった特徴があります。

洗いすぎに気をつける

洗顔する時の注意点は肌に負担をかけないことです。毎日行うことなので間違った洗い方を続けると肌を傷めてしまう恐れがあります。負担をかけないためには洗いすぎないことが大事です。特にゴシゴシとこするように洗うのは肌を傷めます。洗いすぎと肌をこするような洗い方が重なると、肌のうるおい成分を奪ってしまうので肌の老化を促してしまいます。洗顔に時間をかけすぎるのも肌に負担をかけます。また泡立てが中途半端なまま洗顔料を使ったり、洗浄力が強すぎるものを使うと肌を傷つけるので注意が必要です。洗顔は美肌を保つためにはとても大切ですが、汚れを落とそうとして徹底的に洗う女性がかなり多いのです。その辺を加減しながら角質層を傷つけない洗顔が理想です。